Home 会社概要 大和技研とは 製品とサービス リンク お問い合わせ
 
  AWHB02-002
Product

Machinery Products
弊社の装置は原則ユーザーニーズに合わせた形で設計から組み立てまで行っています。
基本的な装置、ユニットはありますが、これを応用しそれぞにあった形を提案しています。
また、弊社の装置は装置ありきでメディアを使用するのではなく、使用するメディアの寿命、性格、コスト等を熟考し装置化しています。
これも弊社で様々なメディアを取り扱っている強みです。
貴社にとってベストな提案ができます。

納入実績の装置紹介します。
紹介している装置、もしくはそれ以外の装置でも「Contact us | お問い合わせ」からぜひご相談ください。


プレスライン接続バリ取り
プレスで抜かれたワークをプレスから排出後、コンベアー若しくはシューターなどで整列なしで連続的に本装置の側面から取り込みバリとりながら反対側の側面に排出していきます。
(左右どちらがIN・OUTでも問題ありません。)
また、従来からバリをとるといわれる装置は存在していますが、バリを除去することで新たに小さな反りバリを発生させてしまうことが問題となっていました。
本装置はその反りバリを発生させず、また処理するワークを整列させる工程を必要とせず連続して処理することが特徴です。

※対象となるワークの品種によっては表裏判別装置が別途必要になる場合があります。
TYPE:SBC-100
サイズ:W***XL***XH***(mm)*******

インデックス型研磨装置
インデックス方式を採用した研磨装置で、上面1ヘッド、側面1ヘッド、投入、払い出しの4ポジションです。
また、インデック上のワークはここに回転させています。投入払い出しは付帯するハンドリング装置にて行っています。
その為、メディアの交換等はありますが、ほぼ全自動で処理可能です。
TYPE:M121-01
サイズ:W***XL***XH***(mm)
用途:
・Al SUSの先端キャップ他円形形状製品・

平面研磨装置
研磨、研削をワーク上部から施す装置です。
回転しているメディアに対しワークを押し付けるシンプルな装置です。
また、ウェット方式可能なので、切削液を拭きつけながらの処理が可能です。

TYPE:H212-01
サイズ:W***XL***XH***(mm)
用途:
・デジタルカメラ等のヘアーライン研磨
・自動車部品の厚み調整研削

ホイール研磨装置
本装置はワイドなホイールを装着し、テーブル上に並べた多数個ワークを同時に処理する能力があります。
テーブル上には治具の工夫次第で様々な個所を多数同時処理可能です。
TYPE:P701-01
サイズ:W1200XL1300XH1500(mm)
用途:
・アルミパネル、各種パイプ他
・自動車部品等

インデックス方式研磨機
写真の装置はSUS製筒体を磨くためのものです。
作業は4ヘッド、4ポジションあり、他にワーク投入、払い出しの2ポジション。合計6ポジションで処理します。
各作業ヘッドはそれぞれ条件設定でき、また写真にはありませんが、ワークの投入、払い出しも付帯装置をセットアップすることで全自動も可能です。
TYPE:M312-01
サイズ:W1500XL1500XH1700(mm)
用途:
・筒体研磨、ハンドル・ノブ等、
・自動車部品等


 その他、研磨関連装置だけでなく
・ナット判別装置(画像処理にてサイズ、タップ判別)
・半導体関連装置
・定数量仕分け装置
・位置決め搬送装置(コンベアー、ピックアンドプレース方式)
などの実績があります。

既成装置では見当たらに物をユーザーニーズにリーズナブルにまとめます。








 


Copyright(C) 2009 Daiwaworks All Rights Reserved.